人生の半分以上を腰痛と共にしています

中学2年の秋にぎっくり腰になり、その後椎間板ヘルニアを発症しました。腹筋・背筋を鍛えて支えていくようにとの診断だったため、スポーツをやっていた中高時代は他のメンバーの3倍は筋トレに時間を費やし、痛みと戦いながら...というよりも痛みとの共存を図りながらの毎日でした。

症状が強い時には腰だけでなく下肢全体が軽く麻痺するような状態になったこともあり、そのためにひざを痛めたり足首の捻挫が癖になってしまったりと、満身創痍と言っても過言ではないほどの状態でプレーしており、サポーターやテーピングだらけの体を見て「サイボーグ」と笑われたこともありました。整形外科のリハビリにも定期的に通っていましたが、常連の高齢者の方に、「若いのにこんなところに来て...」と言われたのもいい思い出です。天気が悪くなると痛みが出るので「人間天気予報」と自虐ネタにしていました。

また、妊娠中から腰痛が悪化していたため、出産時も陣痛をいつもの腰痛と勘違いして、痛み止めを飲んでやり過ごそうとしていました。

分娩時の痛みより、腰痛の方がつらかった記憶があります。出産後に骨盤の歪みからまた腰痛がひどくなったため、整体に通うようになり、都度鍼灸治療をしています。手術しなければ根治しないがするほどの重症ではないため、これからあと何十年もこの痛みと付き合っていく覚悟です。仕事上、腰痛持ちの方や理学療法士・作業療法士の方と関わる機会があるので、お互いに情報提供をしながら上手な共存の仕方を探っています。

頻尿 腰痛 足のしびれ 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 子宮が痛い 非公開車両 足の痛み 子宮腺筋症 ラミューテ

最近のブログ記事