腰痛の最近のブログ記事

腰痛になった時に足が前へ出ていかなくなりました。よちよちよした歩き方になってしまうのです。そのままではまともに生活をすることは出来ませんでした。どうにかして治そうと思ってカルシウムを多めに摂取したこともあります。牛乳を飲んだり骨を食べることも有りました。骨は魚を食べる時に摂取しました。そうしていると少しは骨が頑丈になった気がしました。

腰痛になった原因としてはデスクワークのやりすぎです。座って仕事をしていました。長時間座っているとお尻の骨に負担が行きます。それが原因ではないかと思います。すぐに腰を悪くしたわけではありません。何年もデスクワークの疲労と蓄積させたことが原因となったと思います。

ですからすぐに治ることはありませんでした。時間をかけて治していくしかありませんでしたし、それは楽なことではなかったのです。

私は腰痛に悩まされて眠れない日もありました。痛みのせいでいらいらしてしまうこともあったのです。しかし我慢をして努力を続けました。少し運動をしたこともあります。体を動かして関節の部分を滑らかにしようと思ったのです。最初のうちは辛かったですが運動を続けていくうちに体がしっかりしてきました。毎日10分の運動でも続ければ効果があります。そしてそれは実を結びました。痛みはかなりひいいたのです。今はまだ足のしびれが残っています。ですが以前ほどの歩けないくらいの痛みは感じなくなったので良かったですね。

中学2年の秋にぎっくり腰になり、その後椎間板ヘルニアを発症しました。腹筋・背筋を鍛えて支えていくようにとの診断だったため、スポーツをやっていた中高時代は他のメンバーの3倍は筋トレに時間を費やし、痛みと戦いながら...というよりも痛みとの共存を図りながらの毎日でした。

症状が強い時には腰だけでなく下肢全体が軽く麻痺するような状態になったこともあり、そのためにひざを痛めたり足首の捻挫が癖になってしまったりと、満身創痍と言っても過言ではないほどの状態でプレーしており、サポーターやテーピングだらけの体を見て「サイボーグ」と笑われたこともありました。整形外科のリハビリにも定期的に通っていましたが、常連の高齢者の方に、「若いのにこんなところに来て...」と言われたのもいい思い出です。天気が悪くなると痛みが出るので「人間天気予報」と自虐ネタにしていました。

また、妊娠中から腰痛が悪化していたため、出産時も陣痛をいつもの腰痛と勘違いして、痛み止めを飲んでやり過ごそうとしていました。

分娩時の痛みより、腰痛の方がつらかった記憶があります。出産後に骨盤の歪みからまた腰痛がひどくなったため、整体に通うようになり、都度鍼灸治療をしています。手術しなければ根治しないがするほどの重症ではないため、これからあと何十年もこの痛みと付き合っていく覚悟です。仕事上、腰痛持ちの方や理学療法士・作業療法士の方と関わる機会があるので、お互いに情報提供をしながら上手な共存の仕方を探っています。